あと施工アンカー
あと施工アンカー工事

あと施工アンカーとは

コンクリートに対し、何かを取り付けるときに用いられるのがあと施工アンカーです。 アンカーはコンクリートにおけるネジや釘のような役割を果たします。 固まったコンクリートに穴を開け、あとから物を固定するため、「あと施工アンカー」と呼ばれています。

どんな時に用いられるのか

耐震工事では様々な工法であと施工アンカーを用いた工事を行います。
  • 鉄骨による補強工法
  • RC壁による補強工法
  • 壁・梁・柱に鋼板を用いた補強工法
  • 杭の補強や増打ち等の基礎の補強工法
株式会社小金屋では蓄積されたノウハウと高い安全意識で信頼のできる「あと施工アンカー」の施工をご提供させて頂きます。
ケミカルアンカー施工工事

ケミカルアンカー施工工事とは

ケミカルアンカーはコンクリートに削孔した穴に接着剤を充填し、挿入したアンカーボルトを固定するタイプのアンカーボルトを指します。 強度や耐熱性など、汎用性が高いため、各種構造物に使用されています。

どんな時に用いられるのか

様々な分野の工事で用いられます。
その一例を紹介します。

  • 打設直後でコンクリの強度が低い場合
  • その他一般的に使います。

用途に応じて金属アンカーとケミカルアンカーを使い分けます。

デッキインサート施工工事

デッキインサート施工工事とは

まえ施工によるインサート作業は、あと施工方式のようなコンクリートに対する 穴開け作業が必要ないため、施工上のトータルコストが大巾に下がります。 特に大型の建築物件や軽天工事など、インサート金具を大量に使用する場合には大きなメリットを生じます。

様々な種類

鋼で作られているタイプが一般的ですが、錆びを防止するためにステンレスやセラミックから作られたものも存在します。

天井アンカー施工工事

天井アンカー施工工事とは

高所となる天井に対して下からアンカーを埋め込む工事です。天井の落下などを考え、十分な強度を保つように工事をすることで事故を防ぎます。

どんな時に用いられるのか

様々な分野の工事で用いられます。

  • コンクリートの天井から機材を吊るす場合
コンクリート探査
鉄筋探査

鉄筋探査とは

施工管理状態の品質を確認したり、各種工事などで鉄筋切断や埋設物の損傷事故を防ぐための調査を構造物を破壊せずに行います。
電磁波レーダー法や電磁誘導法など、対象物の種類や深度などによって最適な方法を選定します。

どんな時に用いられるのか

様々な分野の工事で用いられます。
その一例を紹介します。

  • コンクリートアンカー工事
  • 空調設備工事
  • コンクリート建造物改修工事
  • コア抜き工事

コンクリート内部を非破壊で高分解能で探査します。

エックス線撮影

エックス線撮影とは

医療で使うX線と原理は一緒です。
人体を透過撮影するのと同じように壁・スラブ等のコンクリート内部の鉄筋や電配管などの埋設物の位置を確認する事ができます。
これにより安心して穿孔工事やアンカー工事を行うことが可能です。

どんな時に用いられるのか

鉄筋探査はレーダーも有効ですが、電線管探査を行う場合はX線撮影が確実です。

  • 電線管探査
  • 鉄筋径測定
  • 複雑な配筋の場合
電線管・鉄筋等の位置を正確に把握できます。
その他の工事
ダイヤモンドコア穿孔

ダイヤモンドコア穿孔とは

ダイアモンドビットを使用し、鉄筋コンクリートなどの構造物に埃・騒音を極力抑え、短時間で補修不要な様々な大きさの穴をあけます。

どんな時に用いられるのか

ビルの改修、模様替え工事などに伴うコア穿孔

  • レンガ・大理石・陶器等、硬い石材の孔あけ
  • その他鉄筋コンクリートの穿孔全般

小口径から大口径まで、ご要望のサイズに対応できます。

コンクリート(ひび割れ)補修

コンクリート(ひび割れ)補修とは

コンクリートのひび割れ、剥落・断面欠損、漏水、防水、水路表面の摩滅、火災による損傷などを補修します。

どんな時に用いられるのか

コンクリートの各種ひび割れに用います。
ひび割れが発生する主な原因。

  • 乾燥収縮
  • 気温変化
  • 不同沈下
  • 地震
  • 施工不良

コンクリートのひび割れ・断面の修復もお任せください。

まずは、お気軽にご連絡下さい