前田工繊 ボルトメイトエポ EP-1200 高粘度エポキシ樹脂

ご購入の際はご連絡下さい。


性状

主成分 混合比
主剤 エポキシ樹脂、無機フィラー 主剤:硬化剤=
硬化剤 変性ポリアミン、無機フィラー 5:2(重量比)

荷姿

容量[kg]
主剤 5
硬化剤 2

可使時間と硬化時間

項目 5℃ 10℃ 20℃ 30℃ 35℃
可使時間 夏用 120分 40分 20分 10分
冬用 60分 45分 15分
初期硬化時間 夏用 40時間 20時間 10時間 5時間
冬用 40時間 30時間 15時間
硬化時間 夏用 7日 5日 3日 2日
冬用 7日 5日 3日

※可使時間は、雰囲気、母材、樹脂、アンカー筋の中で最も高い温度、硬化時間は最も低い温度を目安にしてください。
※初期硬化時間(最大強度の約25%が発現する時間)内はアンカー筋に触れないでください。
※5℃未満では硬化しない恐れがありますので、使用しないでください。
※可使時間:樹脂量300gでの温度上昇法による試験値?


アンカー仕様(例)

使用異形棒鋼
呼び径
穿孔条件
径×深さ[mm]
必要樹脂量 許容引張強度
As×200N/mm2×
10-3[kN]
降伏強度
As×345N/mm2×
10-3[kN]
引張破断強度
As×490N/mm2×
10-3[kN]
[ml] [g]
D10 20×150 43.7 54.6 14.3 21 31.4
D13 23×195 67.6 84.5 25.3 43.7 62.1
D16 26×240 96 120 39.7 68.5 97.3
D19 30×290 146 183 57.3 98.8 140.3
D22 32×330 165 206 77.4 133.5 189.6
D25 35×380 233 291 101.3 174.8 248.2
D29 40×440 324 405 128.4 221.6 314.7
D32 42×480 341 426 158.8 273.9 389.1
D35 45×530 449 561 191.3 330 468.7
D38 48×570 458 573 228 393.3 558.6
D41 52×620 583 729 268 462.3 656.6
D51 62×770 917 1146 405.4 699.3 993.2
使用ボルト
呼び径
穿孔条件
径×深さ[mm]
必要樹脂量 許容引張強度
As×140N/mm2×
10-3[kN]
降伏強度
As×235N/mm2×
10-3[kN]
引張破断強度
As×400N/mm2×
10-3[kN]
[ml] [g]
M10 20×150 46.1 57.6 8.1 13.6 23.2
M12 22×180 63.9 79.9 11.8 19.8 33.7
M16 26×240 108 135 21.9 36.6 62.8
M20 30×300 166 208 34.3 57.5 98
M22 32×320 193 241 42.4 71.2 121.2
M24 34×340 227 284 49.4 82.9 141.2
M27 38×380 308 385 64.2 107.8 183.6
M30 40×400 334 418 78.5 131.8 224.4
M33 44×440 436 545 97.1 163 277.6
M36 46×460 466 583 114.3 191.9 326.8

※穿孔条件は土木に使用される例を示しました。
※異形棒鋼の引張強度は、土木用としてSD345(D10のみSD295A)を示しました。またボルトの引張強度は全ネジボルト用としてSS400を示しました。
※必要樹脂量はロス率20%での計算値です。